胎児は相続人?

 

 相続人は、相続開始の時に存在していなければなりませんので、胎児は本来、相続能力がないことになります。

 しかし、出生が早いか遅いかで相続ができないというのでは公平に反するということで、胎児は相続については、すでに生まれたものとみなされます。

 

 そこで、胎児がいるときは次のような方法をとります。

  胎児を除外して遺産分割協議をし、生まれた後に特別代理人を立てて協議をやり直す。

 

  胎児が生まれるまで待つ。

 

  流産や死産などでの理由で胎児が生きて生まれなかった場合には、最初から胎児は存在しなかったもの

         として扱われます。

 

  遺産分割する場合も、母親は相続放棄をしない限り、たとえ親権者であっても子供を代理して遺産分割協

         議を行うことはできません。

          しかし、相続放棄をしても全ての子どもの代理はできません。

  

▲このページのトップに戻る