実費について

公証人手数料

 

 

 

上記金額に加えて、下記費用がかかります。

 ・目的価額の総額が1億円以下の場合は、11,000円加算

 ・証人手数料(2名分) 20,000円

 ・公正証書正本・謄本の作成手数料 約5,000円

   

 

 遺言者Aが、総額5,000万円の財産を、妻Bに相続させる場合(相続人単独)

 

 上記図より、手数料             ・・・29,000円

         目的価格1億円以下のため・・・11,000円

         証人手数料(2名分)     ・・・20,000円

         合計で、            ・・・60,000円となります。

 

 

遺言者Aが、総額8,000万円の財産を、妻Bに5,000万円、長男Cに3,000万円をそれぞれに相続させる場合(相続人複数)

 

 上記図より、手数料(Bに対して)     ・・・29,000円

         手数料(Cに対して)     ・・・23,000円

         目的価格1億円以下のため・・・11,000円

         証人手数料(2名分)     ・・・20,000円

         合計で、            ・・・83,000円となります。

  ※相続人が複数名いる場合は、それぞれの金額に対して手数料がかかります。

 

 

戸籍等の必要書類に関する実費

 

 当事務所においては収集代行費用をいだいておりませんので、下記費用を請求させていただきます。

 ・必要書類実費

   例:戸籍謄本450円、住民票300円、土地建物謄本600円

 ・郵送費

   請求にあたり申請書を送る郵送費

 ・郵便為替費

   実費となる金額は為替での支払いとなるため、それに対する購入費

 

 

▲このページのトップに戻る